甘酸っぱいコンブチャの作り方

甘酸っぱいコンブチャの作り方

甘酸っぱくて、なかなかフルーティーなコンブチャの作り方をマスターして、美容にも活かそうと張り切りました。 日本女子からしたら、美容のお手本は今や、海外セレブが注目の後です。美しいセレブ達の秘訣が、コンブチャだと知ってから、自分でも作って飲もうと考えたのです。

 

購入もできるものの、意外とお値段もするので、長く続けられてお財布にも優しいのは、やはり自分での手作りです。

 

コンブチャを手軽に購入したい人はこちら

 

コンブチャには何はともあれ、その元となる株菌を入手します。私が作った材料は、菌株1個に紅茶のティーパック、それに白い砂糖を40gに水は500mlです。鍋を用意して水とティーパックの紅茶ひとつ、それと白い砂糖を加えて沸騰させたら加熱を終わります。普通に紅茶を作るわけですが、温度が下がるまで待ちます。
甘酸っぱいコンブチャの作り方

 

ガラスの容器に覚めた甘い紅茶を注ぎ入れて、そこに種菌を加えますが、このあとで密封をしないのがコツです。便利なのは、程よく空気を通すキッチンペーパーで蓋をして、輪ゴムでとめておく方法です。

 

そのままキッチンの常温で1週間程放置します。でも途中経過を見たので、味見を5日目にしました。

 

ちょうど秋だったので、発酵は早すぎず、遅すぎない良い感じです。完成はとても香りがフルーティーで、味わいは甘酸っぱくて、毎日美容のために飲んでいます。完成したら別の清潔な瓶に入れて、今度は常温ではなく冷蔵庫での保管になります。

 

次回の培養のために、全部ではなく100mlは残してあります。

 

 

KOMBUCHA(コンブチャ)